は、戦略を練ることがまず大事。

そして練った戦略を実行させ、効果を出すこと。

これがもっとも大事

戦略はセオリーにのっとってある程度マニュアル的に作れますが、それをクライアントに理解させ

そして実際に実行させる。

効果が出ているのであれば実行させることは可能ですが、効果が

出ていない段階で実効させるのはなかなか難しい。

つまり結局人を動かす力を持つということなのかもしれません。

そういう意味でカーネギーの「人を動かす」はとても勉強になる本でした。

広告